Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
足の経過
今日は退院後はじめての診察の日。どきどき。
体重は5.38kg、先生に「元気でしたか?」と聞かれて「はい、食欲もりもりでした」と言ったら「そうみたいですね」と笑われた。

膝の方はとても順調だそうだ。
そろそろ外での散歩も徐々に増やしていける。
まだ右側の方がけんけんっぽい歩き方になる時が多い。
「どうしても状態のいい方の足を使いたがるので、例えば何かを巻いておくと気になって もう片方の足を使うようになるからそんな風にしてもいいですよ」と言って、そばにあったテーピングで右足先をくるっと巻いた。
なるほどなぁ。
帰宅して見ていると確かに右足をもっと使っている気がする。
本犬はとても嫌らしい。
病院代は経過を診るだけなのでただでした。ありがたやぁ。

ぱーるママさんから巨峰倶楽部のステッカー(小さい方はマグネット)が届いたの。有難う〜!
わんこはお鼻もチャームポイント、興味のある方はトップページから飛んでみてね。

久しぶりの車のお出掛けって喜んだら病院だったの
おまけに変なもの巻かれるし
は〜っ疲れた        by菜々
posted by: kelly | 膝蓋骨脱臼 | 23:52 | comments(6) | trackbacks(0) |-
ご褒美
先週焼売君のとこの『焼売工房』がオープンしたの。
焼売かあちゃんが金づちを握って作ったラックがあったので、急いで申し込んだら一番だったの。
ハンガーも買えて超ラッキー♪

今週hug2でぷりてぃの販売があったの。
見たら菜々にぴったりサイズがある。それもかわいいワッフル!
パソコンにしがみついて必死でクリックしたら見事ゲットできました。
またまた超ラッキー♪

菜々にご褒美よ。

と言ってお母さんの方が熱狂してます
でもほんとに素敵なの
焼売かあちゃん、けいさん有難うございました by菜々

実はまだある。。
posted by: kelly | 膝蓋骨脱臼 | 23:10 | comments(5) | trackbacks(0) |-
術後1週間
手術してちょうど1週間になる。
これまで手術に対してあれだけ悩んだのが嘘のように気持ちが軽い。

菜々はパピィの頃から膝がゆるいと言われたけどその時はこんなに大変な事になるなんて思ってもいなかった。
菜々が1歳の時、今回手術していただいた先生に膝蓋骨脱臼の掘丙嚢皚検砲如∪茲砲麓蟒僂必要と言われてショックを受けた。
翌日ホームドクターで診てもらい、グレード機銑兇噺世錣譴討曚辰箸靴拭
今思えば靴諒が正しかった気がする。
それからは機会がある度に獣医さんに聞いてみた。
診断は兇一番多かったけど、手術するかどうか微妙、かなり緩いとよく言われた。

脱臼も半年に1回、朝びっこをひいた。
手術の事を調べるととても大変そうだし、これで完璧に治らない場合もある。
出来ればしたくないけど、菜々の場合はいつかはしなければならない様にも感じていた。
このまましないですませたい、でも・・ずっと迷っていた。
今年になってお友達が同じ所を手術し、たくさんの勇気をもらった。
そして7月に菜々が二度目の脱臼をした時に決心した。

いろいろ遠回りもしたけど、今は手術をして本当によかったと思う。
菜々が順調なのはきっと私達だけの力ではなく、たくさんの方の励ましの力を頂いたからだと思う。
私の気持ちがずっと前を向いていけたのも、毎日明るく笑顔で菜々に会いにいけたのも。
言葉にすると簡単だけど、本当に本当に有難うございます。
これから菜々とリハビリ頑張ります。
posted by: kelly | 膝蓋骨脱臼 | 23:08 | comments(7) | trackbacks(0) |-
まったり
今日は菜々も私もよく寝た。
私はごろ寝です^m^

菜々の歩き方はまだおかしい。
先生によると早くて1ヶ月、遅い子だと半年位たつと自然によくなるそうだ。

今回手術代がとっても安くすんでびっくりした顔したら、先生から「手抜きはしていませんよ」と笑われたので、あわてて謝った。

抜糸の必要はないから助かるね。
でも時々舐めるから要注意。

お母さん、手作りワンプもらってよかったね
おやつも美味しかったです  by菜々
posted by: kelly | 膝蓋骨脱臼 | 23:51 | comments(7) | trackbacks(0) |-
おかえり
お昼過ぎに菜々を迎えに行った。
先生曰くとにかく元気がよかったそうだ。
「ものすごく順調で、本当はもっと早く帰してもよかったけど元気すぎるから伸ばしました」
「食欲もすごいですね。今日もものすごくいいうんちをしてました」
はぁ。。そんなに元気だったのか。

いつ頃から走れるのか質問したら
「もう走ってますよ。手術の翌日から走り回ってました」
えーっ!走った!!
何でも病院にはリハビリ用の玉砂利を敷いたドッグランがあるそうで、そこだと足に負担がかからないのだそうだ。
家ではそんな設備はないからもちろん走りもジャンプも禁止。
そんな事とは知らずにカラーをつけた菜々を不憫とばかり思っていたわ。
でもあまり迷惑はかけずにお利口さんだったらしい。
よかった。

体重は5.3kg、もっと落さないといけないそうだ。
これからの課題のひとつになりそうだ。
帰宅してキャリーケースから出すと 一番に向かった先は冷蔵庫の前だった。
今日はおやつにクッキーも梨もあげた。
ダイエットは明日からね。

退院しました
お見舞い有難うございました by菜々
posted by: kelly | 膝蓋骨脱臼 | 20:51 | comments(15) | trackbacks(0) |-
入院4日目
今日も1時間位一緒にいられた。
ちょっと恵まれすぎね。
菜々は後ろ足以外は力が強くなったのがわかる。
他のわんこにも興味深々、椅子に座っても寝ようとせず、外の景色が見たいと首を伸ばすからなるべく立って眺めさせた。
見ているだけで落ち着くようだ。

面会時間(診察時間)が過ぎてしばらくして先生自ら迎えに来てくれた。
もういつでも退院していいそうだ。
でもまだ動かさない方がいいからあさって(明日は定休日)に退院となった。
菜々、あさって帰ってきます。

今日は写真を撮る時間がなかったので、去年の今日(5日)を見たら 同じくエリザベスカラーをしていた。
そう言えば避妊&尻尾裏の良性腫瘍手術をした後だったね。

雨足が強くなってきました。
どこにも被害なく無事に通り過ぎますように。
posted by: kelly | 膝蓋骨脱臼 | 17:50 | comments(11) | trackbacks(0) |-
入院3日目
今日は面会時間の1時間ずっと菜々と一緒にいる事ができた。
日曜日で待合室はごった返していたけど、なんとか座る事もできた。
はじめ座って抱っこをしていたら急に菜々が「ううっ」と唸り声をあげた。
どうも私の抱っこの仕方が悪く痛かったらしい。ごめんね。
立って抱っこする時は大丈夫だったみたい。
またじわっと座ってみると隅っこだったので、そこで身体をのばしてうとうとしはじめた。
そのまま菜々の体温を感じながら時を過ごした。

面会終了の時間になって看護士さんが抱っこをした時 一度だけ「わん」と鳴いた。
また明日ねと言って帰る時にはもうおとなしかった。
食欲もありうんちもしっかりしているそうだ。
また明日ね。
posted by: kelly | 膝蓋骨脱臼 | 17:03 | comments(11) | trackbacks(0) |-
レントゲン(手術後)
これはオペ後のレントゲン。
手術方法は金属を打ち込んで膝蓋骨がずれるのを防ぐ方法。
前に看護士さんに実物を見せてもらった時、思わず「これって錆びないんですか」と質問してしまった。
医療用にできているから問題ないそうだ。

膝蓋骨脱臼の手術方法は数種類あり、どれをやるかはその獣医さんの意思が大きく影響する。
先生は骨を削ると骨が元に戻ろうと増殖して変形する可能性があるから出来るだけしないという考えの獣医さん。
でも金属などを入れると炎症を起こしやすく菌や検疫力低下に気をつけないといけないとも聞く。
どの方法をとっても自然じゃない事をするのだから 何らかの負荷はあるのかもしれない。
それが馴染んで自分の身体の一部になったらきっと大丈夫ね。
菜々の場合、股関節に負担をかけない事を目的の手術となった。

靭帯は伸びきっていたのでそのままだそうだ。
最後に「菜々の膝の溝の深さはどうでしたか」とお聞きしたら
「ほとんど平らでした」と言われて本当に手術をしてよかったと思った。
posted by: kelly | 膝蓋骨脱臼 | 00:07 | comments(2) | trackbacks(0) |-
レントゲン(手術前)
昨日手術直前に撮ったレントゲン。
膝は7月22日に撮った時と同じく左の膝蓋骨の位置がずれているなと思った。
これまで両膝同じ位悪いとよく言われていた。
でも先生はすぐに「右の方が悪いです。右側の股関節が左より大きくなっています」と言われたのでびっくりした。
そう言われると少し大きさが違うように見える。
脱臼する度に股が開いて股関節に負担がいくのだそうだ。
今回のオペは膝だけだけど、将来股関節を痛めたら別の手術が必要になる可能性もあると言われてショックだった。

菜々が1歳の時に「膝蓋骨脱臼です。まず体重を落して(身体を締まらせて)手術した方がいい」と言ってくれた先生。
去年の夏、菜々が2歳でアゴを怪我した時に治療してくれ、同じアドバイスを頂いていた。
もっと早く決断したら股関節まで影響が出なくて済んだのではないか、その事で頭がいっぱいになった。
家に帰ってだんだん気持ちが落ち着き、とにかくもう時間は戻らないからベストの状態になるよう祈った。
posted by: kelly | 膝蓋骨脱臼 | 23:34 | comments(2) | trackbacks(0) |-
面会
お昼過ぎに菜々に会いにいった。
名前を呼ばれて診察室に入ると、もう菜々が診察台に立っていた。
おおっ立ってる。

レントゲンを見ながら先生が一通り説明してくれた後、
「しばらく抱っこしていて下さい」と言われてびっくり。
えっ抱っこしていいんですか?
手を出すと菜々がしがみついてきた。
受付時間を過ぎても待合室はまだいっぱい。
そのお陰か、それから30分くらい菜々を抱っこできた。

菜々は時々カラーで覆われた顔を向ける位で大人しかった。
「ワン」もなかった。
そう言えば去年の避妊手術の翌日も鳴かなかったな。
明日は声が聞けるかな。

診察がすべて終わって先生と少しお話しをした。
この様子だと少し早めに退院できるかもしれないとの事だった。
きっと先生は私が少しでも菜々といられる時間を作って下さったんだろうなと感謝しながら帰った。
明日も会いに行くからね。

皆さんお見舞い有難う by菜々


手術内容(レントゲン)はまた別に貼り貼りします。
posted by: kelly | 膝蓋骨脱臼 | 16:53 | comments(14) | trackbacks(0) |-