Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
心臓の薬

一昨年(2009年)末、一年の締めくくりのつもりで血液検査とともに脊椎と股関節のレントゲンをお願いしました。
血液検査は先生から「完璧」と言ってもらえました。
脊椎や股関節の変性も進行していませんでした。
ほっとしたところで、もう一枚レントゲンを見せてくれました。
先生には何か予感があったのか、その写真には菜々の心臓が写っていました。
心臓が肥大していますと。。。えっ?
僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)
はじめて聞く難しい病名。
まだ初期なので今は薬は必要ないけれど、近い将来投薬が必要になりますと言われました。
心臓肥大は治らない。進行を遅らせるには薬しかない。
飲ませ始めると一生続けなければならない。

薬嫌いな私は、すぐには受け入れられませんでした。
ずっと飲み続けたらどうなるんだろう。副作用が恐いと思いました。
先生のお話ではわんこの心臓肥大は多く、5、6歳から発症する子もいるそうです。
菜々は当時7歳、それでも早すぎる気がしました。
こんなに元気なのに。
それからは心臓によいと言われるサプリを増やしたり 食事面も少しですが気をつけるようにして過ごしました。
(ここまでの話は2009年12/28の日記に記しています)

そして昨年(2010年)末、またレントゲンを撮ってもらいました。
私から見ても少し心臓が大きくなっていました。
先生から薬をはじめましょうと言われ、次回の血液検査(4時間前から空腹にしないといけないのを忘れておやつあげた為出来なかった)の時からとお願いしました。
先生は薬はなるべく出さない方なので、これはゴーサインなんだ。
副作用はあるけれど、学会でも薬を飲んでいる子の方が長生きができていると報告があったそうです。
それでもまだ何となく迷っていました。
毎日飲ませる薬を「嫌だなぁ 大丈夫かなぁ」の気持ちで飲ませたくありませんでした。

今年になっていろいろな方のお陰でぐんと前向きに考えられるようになりました。
自分の中で納得ができ、先週病院へ行きました。
血液検査は問題なしでした。
心臓の薬はACE阻害薬(フォルテコール)で、この新薬は以前のものより副作用がかなり少ないそうです。
その日(20日)の夜に食事に錠剤を「これは絶対に効く!」と念じながら入れました。

たった数日経っただけなのに、何であんなに悩んだのかしら(^^ゞ
早く見つかってよかったと、やっと思えました。
これからは半年ごとのレントゲン検査になります。
薬がバッチリ効いて元気なままでいてほしいです。


爪切りはいまだに出来ません。
美容院でやってもらおうね。

道具が泣いてますよ by菜々

posted by: kelly | 健康 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |-
らむママ
ありがとうございます。
おかげですっきりしました。
あの悩みは何だったんでしょう。
ほんとこれからですね。
また楽しくて為になるお話聞かせて下さい。
何食べる〜♪
| kelly | 2011/01/25 12:03 AM |
うんうん、誰だって最初は悩むし落ち込みますよ。
でも、もうお薬を飲み始めたんだから、
大丈夫!!
ばっちり効きますから!!
何かあれば、またいつでもお話しましょうね!
| らむママ | 2011/01/24 2:13 AM |









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanasanpo.com/trackback/937266
トラックバック