Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
セミナー 2

こんばんは。
昨日の続きです。


b.家庭内の問題
家庭内の変化や喧嘩も犬の心に影響する(ex.引越し)
      ↓
本当は飼い主との信頼関係が出来ていれば大丈夫。
家族構成の変化、人数が増える減る、ペットが増える。ある程度ストレスになる。
人間の赤ちゃんが増える←一番のライバル。
失敗するのは輪の外にやるから。家族なのだから輪に入れる。
上手にしてあげれば大丈夫。

飼い主が忙しい。
だからと言って「忙しくてごめんね」の必要はない。
会社でどうしているかなはダメ。空間を通して伝わる。
帰った時に愛情を注げばいい。
犬との時間がとれない。それにひっぱられない。

犬は1歳位までからだが不安定。
犬のかかる病気の原因、心からが8割。
家族が喧嘩していると空気がけんけん。
群れの乱れは命の危険に直結するから余計不安になる。


c.頼れる飼い主になる
頼れる存在がいない=飼い主に頼れない。
頼れる飼い主になりなさい。
飼い主=リーダーは今否定的な意見が多い。親になりなさいが多い。
どちらが強くなければならないか。
動物社会に平等はない。
ほとんど皆さんは犬が上、犬は緊張、不安。人は安心リラックス。
そうではなく人が犬を守ってあげる。安心、リラックスを与えて下さい。

犬の言う事を全部聞いている飼い主が多い。優しい人が多い。
わかっていても出来ない事は無視をする。

オオカミと犬の違い。
犬は最初からリーダーになろうと思っていない。
頼られて立たされている。犬は正直、その通りにしかしていない。
守られている犬は大丈夫。
ちゃんと絆ができていれば存在そのものを信頼しているから、引越しがあっても一緒にいなくても大丈夫。

冷静で自信に満ちた頼れる飼い主の
愛情と思いやりに守られた犬は
安定した心の状態を保つことができる!!

ガウガウ犬。
本当に自信のある犬はガウガウ言わない。
家の中で自分の立場に不安があるから言う。
リーダーに守られているのが一番。

飼い主がハッピー。にこにこ。
犬も穏やか。それを見て飼い主も穏やか。
みんな幸せになる。

posted by: kelly | しつけ | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |-
セミナー参加

これまでに数回、本村直子、伸子先生のセミナーに参加しました。
hand in paw
いつもブログに書こうと思いながらずっと溜め込んでいました。
今年もあと少し、順番はばらばらになるけれどメモを参考にまとめたいと思います。
でも自分でも解読不可能な字があったり、多分聞き間違いや聞き逃している部分があります。
そんなところはスルーして下さいね。
長いです(^^;

Eat & Heart Dog Month セミナー   2008/11/30
ドッグマンスとは、殺処分数が常にワースト上位の福岡を変えていこうと活動している非営利団体です)


1部 あなたの心の安定は犬の心の安定   本村直子先生

ー蟶遒蠖の基本
犬に対しても自然派、ホリスティックの考え方が増えている。
手作りを無理には奨めない。bestではなくbetterの考え方。
楽しく無理なく!
手作りを始める飼い主さんは頑張りすぎる。
頑張る必要はない。無理があってはいけない。
食事にその念が入る。イライラすると美味しくない。

△△覆燭あなたの犬に出来ること
心は時間がかかるけれど、食事は今日からスタートできる。
犬は朝起きた時に必ず笑顔で挨拶してくれる←犬の素晴らしいところ。
犬は飼い主に合わせる。ex.競技会、ドッグラン、カフェ
毎日の生活の中で、私達にいろんなものを与えてくれている。

アレン・ショーン先生は、あなたがあなたの犬に出来る事として3つの事をあげている。
1.正しい食事
2.環境を整える
3.安らかな心

1.2番はすぐにできる。改善できる。
3番は一番難しい。何をしてあげられるか。
周りの事で人間はマイナスに考える。犬も周りの事に乱される。
一番飼い主の不安定さに乱される。

8い凌瓦良坩造箸覆詬廾
a.飼い主との関係
昭和、平成になって急激に変わってきた。部屋で飼う。
ともに過ごす時間が多くなった。空間をともにしている。
       ↓
犬は飼い主の感情や状態に左右される。

個体差がある。
敏感な子は飼い主との関係が深いほど、飼い主がいらいらしていれば不安定になる。
ハッピーであれば犬も幸せ。

犬は言葉ではなく感情を受け取る。
何か音がした。「大丈夫よ」は伝わらない。抱きしめても不安になる。
雷がなった時、平気よの態度を示す。
触れるともっと伝わる。だからリードは大事。
直接犬に触ればもっと伝わる。

はーっと溜息をつきながら撫でると犬もつきあって元気がなくなる。
犬に癒してもらおうと無意識にさわる。
当然空間を共有しているだけでも伝わる。
思いはエネルギー!
さわってもいい。誰だって元気がない時もある。
その分元気なときにもっと触ってあげる。



今夜も文章が消えてしまいました(涙)
現在時刻を押すと2013年になるので修正したのがいけなかったのかな。
明日また続きを書きま〜す。
おつきあいありがとうございます。

posted by: kelly | しつけ | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) |-
横断歩道

個人レッスンで訓練士さんにしつけを学んでいるわんこ友達がいます。
その方に会う機会があり、菜々のリードを持って2、3分歩いていただきました。

すぐに「この子は頭がいいからもっといろんな事を教えてあげたらいいですよ」と言われました。
右回りとか左回りとか・・・でも腰が悪いから何もできないんです。
できる事でいいんですよ。言葉で伝えていくのでもいい。何でもすぐに覚えるでしょ。
もっと教えてほしいと望んでいる。もてあましている。
そうなんだぁ。
わんこの能力は高いからもっと引き出す様にしないといけないなと思いました。

飼い主が上にたつと言うより信用してもらっているか。
この人なら守ってもらえる。
例えば危ない道路脇などで大げさなくらいにそれを示すといい。

それから菜々が人に愛想があまりよくないんですよと言うと
わーっと来られると嫌なんですよ。おもちゃ扱いされたくない。
対等でいたい。プライドが高い。
テリアですから。
なるほどなぁ。

最後に「一度テリアを飼うとやめられないでしょ」とにっこり。
「はい」
その通りです。


後日、しつけの日に散歩に同行させてもらいました。
訓練士さんと友達わんこの後を私と菜々が歩きました。
特に何かをするわけではなかったのですが勉強になりました。
狭い2車線、こんな道が大事です。守ってもらっていると理解する。
菜々を内に入れるように歩きました。

そして道路を渡る時は必ず信号や横断歩道を通ること。
黒と白。
ここをいつも渡っていると万が一リードが外れても必ずわんこは横断歩道を渡ろうとするそうです。
それなら事故の危険がうんと減ります。
その場の都合で狭い信号を無視したり、4車線を走って渡ったりしてたなぁ。


心入れ替えて散歩に出かけました。
いつもだったら。。。
(絵の下手さは気にしない)


ちゃんと先まで歩いて信号待ちをします。



「座れ」と言うとこうなります(^^;


菜々、白と黒を渡ろうね。

posted by: kelly | しつけ | 23:34 | comments(0) | - |-
Eat&Heartセミナー
11月は福岡の殺処分数ゼロを目指す「DOG MONTH」月間でした。
その最終日の30日に本村直子、伸子先生のセミナーがあったので行ってきました。
時間が2時間、1時間ずつお話がありました。
私自身の復習としてメモを元に書くので、読み難いと思いますがごめんなさい。

最初の第一部はお姉さんの直子先生。
テーマは「あなたの心の安定は犬の心の安定」でした。

1.手作り食の基本
手作り食は犬に対しても自然。ホリスティックの考え方をする人が増えているが、無理には奨めない。
bestではなくbetterな考え方。楽しく無理なくが大事。
手作りを始める飼い主さんは頑張りすぎる。無理があってはいけない。
食事に念が入る。イライラすると美味しくない。


2.あなたがあなたの犬にできること。
犬は朝起きた時に、必ず笑顔で挨拶してくれる。これは犬の素晴らしいところ。
犬は飼い主に合わせる。競技会、ドッグラン、カフェなど。
毎日の生活の中で私達にいろんな物を与えてくれる。

アレン・ショーン先生はあなたがあなたの犬にできる3つの事をあげている。
\気靴た事
環境を整える
0造蕕な心
´△呂垢阿鵬善できるがが一番難しい。
何をしてあげられるか。
人は回りの事でマイナスに考える。犬も回りの事に乱される。
一番飼い主の不安定さに乱される。


3.犬の心の不安となる要因
a.飼い主との関係
日本人と西洋人の犬の考え方は違っていた。農耕民族で必要がなかった。
それが昭和、平成になって急激に変わってくる。
部屋で飼い共に過ごし空間を共にする時間が多くなった。
        ↓
犬は飼い主の感情や状態に左右されている。
もちろん個体差がある。敏感な子、飼い主との関係が深いほど いらいらしていれば犬も不安定になる。
人がハッピーであれば犬も幸せ♪

犬は「言葉」ではなく「感情」を受け取る。
何かガタッと音がした。抱きしめても不安。
「大丈夫よ」は伝わらない。
例えば雷が恐い犬に対して 平気よの態度を示す。
触れるともっと伝わる。だからリードは大事。
直接犬に触ればもっと伝わる。

はーっと溜息をつきながら撫でると犬もつきあって元気がなくなる。
当然空間を共有しているだけでも伝わる。
思いはエネルギー!
だからと言って触って悪い訳ではない。ただ知っておいてほしい。
誰でも元気がない時もある。元気な時にもっと触ってあげる。

b.家庭内の問題
家庭内の変化や家族内の喧嘩も犬の心に影響する。
本当は飼い主さんとの信頼関係ができていれば大丈夫。
引越し、家族構成の変化、人数、ペットが増える減るなどの変化はある程度ストレスになる。
輪の外にやるから失敗する。家族だから輪に入れてやる。
上手にしてあげれば大丈夫。

飼い主が忙しい。
だからと言って「忙しくてごめんね」は必要ない。
帰って来た時に愛情を注げばいい。
会社でどうしてるかはX。空間を通して伝わる。
犬は一才くらいまで身体が不安定。
犬のかかる病気の8割が心が原因。家族が喧嘩をしていると空気がケンケンしている。
群れの乱れは命の危険に直結するから余計不安になる。
犬との時間がとれなくてもそれにひっぱられない。

c.頼れる飼い主になる
頼れる存在がいない=飼い主に頼れない。
飼い主がリーダーになる。
今、飼い主=リーダーは否定的な意見が多い。親になりなさいが多い。
どちらが強くなければならないか。
動物の概念の中に平等はない。
人が犬を守ってあげる位置だと犬は安心、リラックスできるが、逆が多い。
犬の言う事を全部聞いている飼い主が多い。
わかっていてもできる事は無視をする。

おおかみと犬の違い。
最初からリーダーになろうと思っていない。人に頼られて立たされている。
犬は正直。その通りにしかしていない。
守られている犬は大丈夫。ちゃんと絆ができていれば引越しがあっても、存在そのものを信頼しているから一緒にいなくても大丈夫。

★冷静で自身に満ちた頼れる飼い主の愛情と思いやりに守られた犬は、安定した心の状態を保つ事ができる

犬がガウガウ言う。→家の中で自分の立場に不安だから。
ほんとに自信のある犬はガウガウ言わない。
リーダーに守られているのが一番。

私について離れないんです。私がいないとだめなんです。←違う。
見張るのはリーダー。

飼い主がハッピーでいる事。にこにこ。穏やか。
犬も穏やか。それを見て飼い主も穏やかになる。幸せになる。
犬の為に元気になろう!


お母さん にこにこしていてね by菜々
posted by: kelly | しつけ | 23:33 | comments(6) | - |-
菜々と学ぶ
7月にワンダフルのしつけ教室(平日レッスン)に2回行きました。
2回目の時はお友達のゴールデン、のんちゃんと一緒でした♪
レッスンに続けて行ったのは半チョークのカラーを嫌がる様になったのがきっかけでした。
(お暇な方は7/24、7/31の日記を見てね)

これはのんちゃんママさん(marthaさん)が撮ってくれた画像です。
一人では絶対写せないので貴重です。
有難う〜!

菜々が激しく抵抗していたカラーも


チェーンを伸ばしてもらったらこの通り。
外すのもちゃんとおりこうにしています。
ぱちぱち。


この日はのんちゃんとパパさん、菜々とkellyで歩きながら交差したり待ての練習をしました。
のんちゃん、しっかりパパさんを見ています。菜々もね。
やっぱりお友達とレッスンすると楽しいね。



8月は行けなかったけど、菜々との関係は少しだけ変わっていました。
例えば、菜々の嫌いな肉球の間の毛を切ろうと用意をしていると、菜々はさっとテーブルの下に隠れます。
これまでおいで、来いと言っても出て来なかったのに、10秒ほどしたらとことこ私の足元まで出てきました。
はっきり私の言葉を受け入れているとわかりました。
でもだんだん電池切れになっていきます(^^;
これからも月1回は行こうと思っています。


先週はひよりちゃん、ティンクちゃん&アヴェル君と一緒でした。
あいにくの雨で、雨が小降りになるまで先生とおしゃべりをしました。
それがとっても為になる時間で、さりげないお話なのに学ぶ事がたくさんありました。
今言葉で書こうとしても思い出せないけど(^^;

「よく『うちの子はとってもいい子だけど噛むんです』とか言って来る飼い主さんが多い」←あっ、私だ。
「ここだけと言う事はない。飼い主がリーダーになれていない」←ぽりぽり。

「犬は自分のリーダーのためなら命を捧げてもいいと考える動物なのです」

ちょっとじーんとしました。
わんこってなんて素晴らしいんだろう。
自分の犬生を全部託してくれるんだものね。
安心できる威厳のある(ここはちょっと自信なし)飼い主にならなきゃと思いました。

お母さん、気長にいこうね
         by菜々
posted by: kelly | しつけ | 23:48 | comments(2) | - |-
まだまだ親子
昨年、菜々に首強化の目的で紫檀でできた三連のハーフチョークを作りました。
GDオリジナルドッグサプライズ
菜々は気持ちがいい様です。
この首輪は外し方にこつがあるのですが、これまでは何とか外せていました。
それが最近菜々が外す瞬間に首を動かす様になり、菜々がキューンと悲鳴の様な声をあげました。
太ったからかなと思ったけど、どうやら原因は私にあった様です。

菜々は来週誕生日。
記念に新しいカラー&リードを作りました。
それがハーフチョークだったので、もしかしたらトラウマがないかと思っていたらやっぱり外す時に抵抗。
無理やりやろうとしたらガウッと軽く噛まれました。

そんな時、私は菜々の親なんだから噛まれてもいいと鬼になって厳しく叱ってきました。
でもそれは一度噛まれて気合が入った後の話。
やっぱり恐い。噛まれたくない。
それに外し方がますますわからない。
緊張と恐い気持ちが菜々に伝わってしまいます。

このままではいけないと、夕方ワンダフルのN先生のレッスンを受けてきました。
ハーフチョークをつけるまでは穏やかな菜々。
先生が外そうとしている途中で歯をむき出しにして反抗をはじめました。
今回は皮手袋を持参、はじめに先生がつけて菜々を思いっきり叱りました。
「いけない!」と押さえ込まれているうちに落ち着きますが、それでもまた歯向かっていました。
最後は初の脱糞。興奮と恐怖なんだそうです。
私は真剣に向きあって下さる先生が有り難くて、自分がいかに菜々を甘やかしてきたかを痛感しました。
その時叱っても後がなぁなぁになってたんだ。

N先生のアドバイス。
これまで人やわんこと接しても大事に至らなかったけれど、菜々はテリアでしかも噛む性質を持っている事を常に忘れない様に。
肝に銘じます。

菜々の身体の事は先生は常に気遣ってくれます。
その中で、「座れ」と言って時間がかかってもいい。腰を軽く押してあげてもいい。できるまでやる。
「座れ」や「待て」よりも大切なのはわんこの身体のどこを触っても嫌がらない子にする事。

私が真の親になったら菜々は噛む事は絶対ないんだよね。
まだまだ長い菜々の犬生、安心で幸せ♪にしてあげなきゃ。
私が頑張ります(^_^;



先日行った海の写真、陸おかんさんが送ってくれました。


こ〜んな菜々が受けます。
今年の海水浴も楽しみだね。
posted by: kelly | しつけ | 23:20 | comments(0) | - |-
しつけ教室
今日は私の実家のお墓掃除に弟家族と行ってきました。
暑かったけど、どこか背筋が伸びる思いでした。

夕方からはしつけ教室に参加しました。
こちらには4月に1度見学をさせてもらってからやっと行く事ができました。
菜々のいとこのロッキーは通い始めて1ヶ月、すっかりワル(失礼!)から変身したと聞いて楽しみにしていたら・・・ほんとだ、アイコンタクトもできて伏せまでしてるー。
パパがどこを触っても嫌がらない。
菜々、追い抜かれたよ。

後半のアジリティでも楽しそうに走ってました。




菜々はみんなの中で出来る事だけしました。
それでも出来ない事ばかり。あたたっ。
日頃出来て当たり前だと思ってた事も見直しが必要ね。
先生のお話や生徒さんへのアドバイスもためになりました。

菜々はキャリーケースを持っているけど、中に向かって吠えてばかりいるので押入れに入れています。
先生に相談するとやはり出した方がいい、おやつを使って「ハウス」が好きになるやり方をその場でしてもらいました。
終わってからも練習させてもらったキャリーケースに入りたがっていました。
とにかく焦らずやる事、でした。

たまに参加できたらいいなぁ。
posted by: kelly | しつけ | 23:56 | comments(4) | - |-
しつけ教室見学
前から一度参加してみたかった躾教室(訓練所)、おとといワンダフルライフに行きました。
見学だけのつもりがN先生がどうぞ一緒にと参加させて下さいました。
どきどき♪


この日はグループレッスン、まずみんなで基本の練習をしました。
からだのあちこちを触ったりひっくり返す、ツケやお座り、みんなで輪になって歩いたり小走りしたり。
ばらばらに歩きながら他の子に気をそらせず歩く練習。
などなど盛りだくさんでした。
菜々は最初はまあまあだったけど、そのうちいつもおやつをくれるティンクちゃんのままの方に行こうとしたりしてました。

これはちゃんとできらたすぐに褒めるの練習。
(photo byはなパパさん 有難うございます)



その後はグループに分かれて棒を飛び越えたりトンネルをくぐったりしました。
N先生は菜々のからだに合ったものを選んでくれました。
菜々にもできるものがあるのは嬉しかったです。

先生がわんこは他にどんなに興味がある事があっても飼い主の呼び戻しがあればそれに従う事が大事と言われていました。
菜々は食べ物が絡むと間違いなく私の言う事無視です(汗)

2時間半、いろいろ勉強になりました。
有難うございました。

菜々、ときどき参加させてもらいたいね。

練習にはおやつも必要みたいよ by菜々

posted by: kelly | しつけ | 23:36 | comments(2) | - |-
エイミーちゃんも一緒♪
昨日4時から海に散歩に行きました。
ハクちゃん、ぷりんちゃん、あんちゃん、それから菜々の親戚、エイミーちゃんも一緒です。
エイミーちゃんは久しぶりの砂浜を思いっきり楽しんでました。
エイミーママさんから美味しいおやつをもらうわん達、ささっと全員集合です。
そしてあっと言う間に解散してまた遊んでいました。

前回来た時はとてもきれいな砂浜だったけど、いろんなゴミが打ち寄せられていました。
菜々はさりげなくそこへ行って何やらお口をもぐもぐさせているので追いかけてダメよと言うとすばやく逃げます。
丸呑みしてまた食道でつかえたら大変だから、2度目は捕まえたらウウッと威嚇の顔。
これはいかんとその場でひっくり返しました。
三浦先生の時を思い出して厳しく「いけない!」と叱りました。
その時あれっと思いました。
セミナー参加前にやっていた時とは違い、菜々はすぐに身体の力を抜いて目も穏やかでした。
何度かダメよと言って顔を撫でたら目が少しとろんとなっていました。
三浦先生の記憶がしっかり残っていた様です。
ゆっくり褒めて離しました。
これまでだったら、私と菜々の心の距離はしばらく離れていたのですが今回は大丈夫だったみたいです。
みんなに見られたのは恥ずかしかったけど。

菜々も最後まで歩けました。
みんなぁまた遊んでね。

posted by: kelly | しつけ | 23:56 | comments(2) | trackbacks(0) |-
真のリーダー
先週のセミナーで三浦先生が人の子供だったらどうかなと考えれば矛盾がわかる事が多いと言われていました。
いろんな場面のお話があって、例えばもし食事中にお醤油を取ってくれたら小学生の時も高校生になってからも「有難う」と言うでしょ。
犬も同じ、もうそろそろいいと言う事はない。
いつも有難うの心で接すれば犬にも伝わります。

私は菜々にいつも同じ感謝の気持ち、思いやりの心で接しているかな。
セミナーに行くまでは菜々との関係はまあまあ出来てると思っていました。
ここはダメだけど別に人に迷惑かけなければいいやと思っていました。
でもその考えは間違っていました。
私がりっぱなリーダーにならない限り、菜々の本当の幸せはないんだ。
どこかでストレスが溜まっているんだと気づきました。

私はこれまで何度もひっくり返してきました。
今年も前半はやっていました。いろんな疾患がわかるまでは。
でもその度に菜々がしゅんとなっていました。
何が違うんだろうとずっと悩んでいました。
今回セミナーに参加して、褒めるが足りなかった、ひっくり返した時に私の感情を押し付けてもいました。
後で一緒に参加した方がわんこを4.5時間ひっくり返したら変わったのよと声をかけてくれて時間も全然足りなかったと反省しました。
菜々には股関節の変性、脊椎障害、馬尾症候群と色々な疾患があるけれどしつけはしつけ、菜々の為にも頑張らねば。

さて、今回セミナーに参加したのはドッグライフカウンセラーの資格を持っている方ばかりでど素人参加者はうちの親子だけだったらしい。はーっ。
でもそのお陰で先生の目に特に止まり、貴重な体験をする事ができました。
いつか私が本物のリーダーになって、また三浦先生にお会いできたらと夢に描いています。
まだまだ〜

WANWANパーティクラブ
NPO法人社会動物環境整備協会
こちらにこれからのスケジュールが載っています。
posted by: kelly | しつけ | 23:56 | comments(8) | trackbacks(0) |-