Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
パフィちゃんのサプリ

ゴールデンのパフィちゃんは穏やかなとってもおりこうなわんちゃんで、出会った頃はもう高齢に入っていました。
パフィちゃんには素敵なご家族がいて、お姉ちゃんのMariさんはパフィちゃんのためによりよいサプリを世界中で探しました。
それが以前使っていたサプリ、アースロエイドとマルチビタミンです。
パフィちゃんがどんどん元気に若返っていったので、ぜひうちのわんこにも使いたいと言う人が続出。Mariさんが会社を立ち上げてくれました。

その後、ダーリンのMikeさんともっといいサプリをと開発した新しいサプリが誕生しました。
すべてオーガニックなのはもちろん、栄養素を抽出するのではなく食べ物のままが材料となっていて 人間用として許可されたものだけが使われています。
関節のためのサプリ「バウンシィ」のラベルはパフィちゃん、マルチビタミンの「スパンキー」は妹の月ちゃんがモデルさんをしています。

Puffy's Natural Life

Mariさんのブログは  三日月から満月へ


菜々は今年の夏前からお口周りが一気に黄色く(茶色く)なりました。
原因は尻尾舐めやおまた舐め。
ここ数年なかったのですが最初はまぁそのうち治るねと余裕でした。
それがなかなか治まらず、いつのまにか手を舐めて血がにじむほどになりました。
秋になって今度は外耳炎になりました。
いつもならなっても軽くて自然に治る程度なのですが、今回は耳のふちにポリープのような膨らみが出来て耳の穴をふさぎそうになっていました。
こうなるとステロイド服用、仕方ない。2日で見事に消えました。
その後、今度は反対の耳が外耳炎にとかなり時間がかかりました。

今回はこれまで出ていなかった菜々のアレルギー体質が邪魔をしている気がしてきました。
もともと脂漏症体質なのですが、出てもひどくはならずにここまで来ました。
でも年をとってきて何かの拍子に、例えば免疫力が低下した時に形として現れたのかもしれない。
元気がない訳ではない。
でも皮膚に出ると言うのは身体の中も健全じゃない。
ちょうどアロマの勉強が忙しくなかなか構ってあげられなかったのも一因だったかもしれません。

その頃アレルギーで悩んでいたお友達のシェリーちゃんが、絶食をしてすごい成果を挙げた話を聞きました。
3日間の絶食で皮膚がとてもきれいになったのをサポートしたのが上記のサプリメントです。

ぜひ読んで下さい。
いまではふっさふさ毛のかわいい白柴ちゃんです。
愛しのシェリ〜

この話を聞いて外耳炎真っ只中の菜々にもあげたくてうずうず。
念願のサプリをたろはなさんのいぬさぷりで購入してさっそく菜々にあげました。
はじめはバウンシーから。
最初の変化はウンチでした。すっごくいいウンチ。
キレがいいからお尻拭きがいらないくらい。
元気な時はこうだったけど、最近はころころウンだったりまわりの毛についたりしてたもんね。
スパンキーも販売されて、ご飯にふりかけると菜々は大喜びでした。
途中で一度ゆるゆるウンになったけど 自然にまたいいウンに戻りました。

実は私もお世話になっています(^m^)
以前足を捻挫して関節用のサプリ、アースロエイドを飲んだら腫れがひいた経験あり。
この前膝が痛くなって、バウンシーを飲んだらこれまた痛みがなくなりました。
すご〜い。
注:勝手に自己責任で飲んでいます。

Mariさんのアドバイスは
おやつをあげすぎない、サプリをあげすぎない。
現在サプリはこの2種類とD's choiceさんの心臓サプリのハートヘルス。
お腹キュルキュルがたまにあるので、その時はベンバクジェル。
あとはたまに他のサプリをプラスしています。
おやつはなぁ〜ダメ母なままです。
でも以前よりは減りました。←言い訳。

菜々もようやく口周りがきれいになってきました。
身体の毒素が出始めている気がします。
本当は絶食がいいんだけどなかなか出来ず、今はたまに半日絶食をやっています。
本村先生もセミナーのたびに絶食を言われてたなぁ。
飼い主さんもやったら一緒にやったらいいですよと。
解毒ってやっぱり大切だと日記を書きながらあらためて思いました。

そろそろ寝ましょ by菜々


ただいまウェブ購入でサプリメントのクーポン割引発行中ですよ。あと6日。

posted by: kelly | 健康 | 23:40 | comments(7) | trackbacks(0) |-
肉球の腫れ

雨がやんだ途端うだるような暑さ、やっぱりクーラー入れちゃいます。

先週菜々が右前足を軽くびっこの様にしたので、捻挫か!と病院が閉まる前にと急いで連れて行きました。
先生、「血が出てるね。びっこじゃないよ、細菌性脂漏症です。」
見ると爪の間から血が出ていました。
尻尾裏やお股を舐めてるなぁ、最近口周りが急に黄色くなったなぁと思いながらも全く気付いてやれなかった。
ごめん、菜々。
抗生剤の注射を打ってもらって帰りました。

膀胱炎は尿検査をしていないけれどおそらく治ったと思います。
次は皮膚。
元々脂漏症を持っているからひどくならないように気をつけねば。
菜々の口周りが白く戻れば治った証拠。
地道に頑張ろう。


口周りがやや黄色くなってきた頃。

撫でられるの大好き by菜々

使われてます by母

posted by: kelly | 健康 | 21:49 | comments(2) | trackbacks(0) |-
腸のサプリ

菜々の体調でずっと気になっていた事のひとつにお腹きゅるきゅるがありました。
時々、明け方「く〜ん(お腹鳴ってますよ)」と起こしにきて、お腹を撫でて〜とひっくりかえります。
キュルキュルキュ〜〜〜!とものすごい音がしてお腹がぽこぽこ動きます。
こんな時はゴートミルクをあげるとお腹があったまって気持ちよさそうにお布団に入っていました。
原因は脊椎障害により自律神経のコントロールがうまくいっていないなどいくつか考えられますが はっきりはしていません。
これまでもいろいろなサプリなどを試してみてどれも効果はあるのですが、しばらくするとまた鳴り出していました。

今年2月頃から菜々のお腹きゅるきゅるの回数が増えてきました。
そしてゴートミルクをあげてもすぐにはおさまらなくなっていきました。
時には私を起こすとすぐに玄関に走って外に出たがります。
開けると雑草を探してもぐもぐ食べるようになりました。

菜々が2歳過ぎに受診した病院で、飲んでいるサプリを全部持ってきて下さいと言われた事がありました。
ハーブなど入れて10個ほど。先生から多すぎると言われました。
若いうちはこんなに必要ない。年をとってから増やしていけばいいと。
その時先生が、もしこの中でひとつだけ選ぶとすれば・・・これっ!と指差したのがベンバクと言う腸内善玉菌のサプリでした。
この時先生が指差した腸のためのサプリがふっと頭に浮ぶようになりました。
菜々のお腹きゅるきゅるが増えた頃、急性胃腸炎の嘔吐下痢もあり、菜々ももうすぐ9歳、シンプルに考えなおそうと思いました。

4月に入って毎年恒例の様になっている膀胱炎になりました。
今年もピンクのぽたっがシートにつきました。
今回はエコー検査でこれまでなかった場所に腫瘍なのか炎症部分がありました。
当日受診前におしっこをさせてしまったのでそれ以上の事はわかりませんでしたが、明らかに突出部分が見えました。
その頃D's Choiceさんにお願いしていたベンバクが届き、さっそくビタミンCとCoQ10、それから膀胱炎にいいと聞いたクランベリーも購入して菜々のごはんに入れました。

結果、お腹きゅるきゅるがぴたっとおさまりました。
正確にはほとんど、たまに小さな音がしましたが菜々自身も気にならないようで元気に歩き回っていました。
菜々にはとても合うサプリだった様です。
そして5月の再エコー検査で、腫瘍(炎症)がきれいに消えていました。
まだ膀胱炎は治っていないけれどほっとしました。

菜々は昨年夏もお腹に腫瘍のようなものが数個できて手術摘出の予定でした。
幸運にも全部消えましたが、おそらく炎症が起きやすい体質の子なのだと思います。
それより少し前、腸の内視鏡検査で見つかったポリープのようなものは様子見のままです。
膀胱炎は完治は難しいと聞いていますが、来年は起きないようにしたい!
今の目標です。

食事も消化しやすいように工夫していった方がよさそう。
以前簡単に消化できていたものが時々未消化で出てくる様になりました。
サプリはいつもの分にプラスしたので数が増えていますが、もう少しこのまま多目にあげて、それからまた考えなおしていきたいと思います。
今菜々にあげているサプリはどれも信頼がおけるものばかりです。
それは体験を通した情報を惜しみなく伝えてくれるお友達がたくさんいてくれるから。
ありがとうございます。

人もわんこも腸が大事。
焦らないで、まずは腸から元気にしていきたいと思います。


ココママさん宅にて。
美味しいおやつをありがとう by菜々

posted by: kelly | 健康 | 23:55 | comments(8) | trackbacks(0) |-
お腹の調子
最近菜々は元気がいいなぁと思っていたら 
一週間前の明け方、急に菜々の嘔吐下痢がはじまりました。
お昼まで様子を見て病院へ連れて行きました。急性胃腸炎でした。
注射と薬を3種類、原因は不明。
黄色い便は出ていませんかと聞かれ、いいえと返事をして帰ると、いきなり黄色の水便が出始めました。
すぐよくなると思ったけれど今回は微妙に治らず、明け方しか鳴らなかったお腹のきゅるきゅるが午前中おさまらなかったりしました。
菜々自信はけっこう元気で吐いても下痢しても「お腹すいた〜」は変わりませんでした。

最初に病院に行っていたのでとりあえず薬が切れるまで4日間ゆっくり過ごし、再度受診しました。
薬をひとつ変えて2種類に。
その日の夕方あたりから便も固まりはじめ一気に回復できました。

季節の変わり目だから 嘔吐下痢症ではないかと思ったのですがちょっと違うそうです。
歳をとった分回復に時間がかかりはじめたのかな。
北九州は西から黄砂がやってくるので、大気汚染物質の影響もあったのかもしれません。

体重が360g減ったので(4.96kg→4.60kg)病院からの缶詰の療法食が終わったら少しずつ増やしていきたいです。
4.96kgは菜々が吐き出した前日に病院へ行った時の体重。
このくらいがマックスね!と言われました。
10g単位って難しい〜


このぬいぐるみは菜々が数ヶ月の時にいただいたもので、ヒートの時はいつも菜々の赤ちゃんでした
もうぼろぼろだけど、何かあった時はこのぬいぐるみを探します。
捨てられません。



久しぶりのお散歩。
ムスッとして見えるけど スリスリや匂い嗅ぎでご機嫌でした。


普通が当たり前になってた。
健康なうんちよ、今日もありがとう
posted by: kelly | 健康 | 19:32 | comments(4) | trackbacks(0) |-
心臓の薬

一昨年(2009年)末、一年の締めくくりのつもりで血液検査とともに脊椎と股関節のレントゲンをお願いしました。
血液検査は先生から「完璧」と言ってもらえました。
脊椎や股関節の変性も進行していませんでした。
ほっとしたところで、もう一枚レントゲンを見せてくれました。
先生には何か予感があったのか、その写真には菜々の心臓が写っていました。
心臓が肥大していますと。。。えっ?
僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)
はじめて聞く難しい病名。
まだ初期なので今は薬は必要ないけれど、近い将来投薬が必要になりますと言われました。
心臓肥大は治らない。進行を遅らせるには薬しかない。
飲ませ始めると一生続けなければならない。

薬嫌いな私は、すぐには受け入れられませんでした。
ずっと飲み続けたらどうなるんだろう。副作用が恐いと思いました。
先生のお話ではわんこの心臓肥大は多く、5、6歳から発症する子もいるそうです。
菜々は当時7歳、それでも早すぎる気がしました。
こんなに元気なのに。
それからは心臓によいと言われるサプリを増やしたり 食事面も少しですが気をつけるようにして過ごしました。
(ここまでの話は2009年12/28の日記に記しています)

そして昨年(2010年)末、またレントゲンを撮ってもらいました。
私から見ても少し心臓が大きくなっていました。
先生から薬をはじめましょうと言われ、次回の血液検査(4時間前から空腹にしないといけないのを忘れておやつあげた為出来なかった)の時からとお願いしました。
先生は薬はなるべく出さない方なので、これはゴーサインなんだ。
副作用はあるけれど、学会でも薬を飲んでいる子の方が長生きができていると報告があったそうです。
それでもまだ何となく迷っていました。
毎日飲ませる薬を「嫌だなぁ 大丈夫かなぁ」の気持ちで飲ませたくありませんでした。

今年になっていろいろな方のお陰でぐんと前向きに考えられるようになりました。
自分の中で納得ができ、先週病院へ行きました。
血液検査は問題なしでした。
心臓の薬はACE阻害薬(フォルテコール)で、この新薬は以前のものより副作用がかなり少ないそうです。
その日(20日)の夜に食事に錠剤を「これは絶対に効く!」と念じながら入れました。

たった数日経っただけなのに、何であんなに悩んだのかしら(^^ゞ
早く見つかってよかったと、やっと思えました。
これからは半年ごとのレントゲン検査になります。
薬がバッチリ効いて元気なままでいてほしいです。


爪切りはいまだに出来ません。
美容院でやってもらおうね。

道具が泣いてますよ by菜々

posted by: kelly | 健康 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |-
オペ中止♪
 9月9日に予定していた下腹部のしこり摘出手術は中止になりました。
はじめに指で確認できていたしこりは1、2週間でわからなくなっていました。
先生もあれっ?と仰って丁寧に触診してくれました。
この時点では場所が乳首のそばであり、乳腺腫瘍ばかりではなく腺管癌の可能性も否定できないと言う事でオペはする予定でした。
私も何かの予兆で早期発見につながるのかもしれないと前向きに考える事にしました。

そして今日、先生からしこりはなくなっているから手術は一旦中止にしましょうと言われました。
腫瘍だったら小さくなる事はないそうです。
でも何かはある可能性は残っているので様子を見ていく事になりました。
ほっとしました。

今年の夏は暑い上に腸の内視鏡検査の時に剃られたからか、いつも以上に尻尾裏を舐めて赤くなっていました。
カイカイが出ている訳ではないのですが、やたらに舐めるので気になっていました。
お盆前に先生からインターフェロンの注射が菜々には有効と聞き試してみる事にしました。
手術前にストレスはできるだけ取り外してあげたい。
それ以降あまり舐めなくなりました。まだ剥げてはいますが。
もしかしたらこの注射もよかったのかもしれないそうです。

手術が決まって食事面の見直し、サプリの増量、整体などをできる範囲でやっていました。
どれがとは言えないけれど相乗効果があった気がします。
それから私が抱えていた悩みも菜々に影響を与えていました。
振り返ると気持ちが切り替わっていくのに比例して小さくなっていった様です。
もうひとつ、今日菜々のおばあちゃんも検査結果で内臓のポリープが消えていました。

わんこって不思議。
合わせ鏡みたいです。

腸の内視鏡からずっとご心配をおかけしました。
おかげさまで嬉しい報告ができました。
いつも暖かいエールを本当にありがとうございます。


サマーカットにしたらおうちでのハァハァが止まりました
posted by: kelly | 健康 | 23:55 | comments(8) | trackbacks(0) |-
抜糸

先日後ろ頭の抜糸をしてもらいました。
写真はうまく撮れなかったけど、きれいになっていました
お腹のオペは9月9日になりました。
まだ暑いね(^^;
菜々はしっかり食べて体力つけています。


夕方散歩で顔を石壁にくっつけて離れません。
気になるわぁ(くんくんくん・・・)



けっこう風が吹いていました。

涼しげなメッシュのお洋服と可愛いカラー&リードをいただきました

posted by: kelly | 健康 | 23:54 | comments(2) | trackbacks(0) |-
涼しくなったら

腸の内視鏡をした後、菜々のお腹を触っていて左乳首の一番下あたりにしこりの様なものを見つけました。
病院で先生に確認してもらったらやはりありました。
これは腸の中にぽつっとあったものとは別の場所でした。
乳腺腫瘍か脂肪腫か乳がんか、オペで切除して病理検査に出さないと良性か悪性かはわからないそうです。
一番心配な全麻酔については、間隔があけばあくほどいいけれど菜々の場合大丈夫と聞き、不安で過ごすより信頼する先生にお任せしてオペをしてもらう事にしました。
しこりはあまり触らないようにと注意がありました。つい触ってました。

もう少し涼しくなったら。
それまでのんびり過ごしたいと思います。

菜々は相変わらず食いしん坊で元気です。
大丈夫!そんな気がします。


かわいいプレゼントをありがとうございます

posted by: kelly | 健康 | 22:52 | comments(6) | trackbacks(0) |-
8歳になって

菜々の誕生日の日は、我が家にふさわしいドタバタな一日でした。
わんこってほんとに言葉より心が伝わりますね。
菜々もごはんがもらえないとすぐに分かったようで、ほとんどおねだりに来ませんでした。
なるべくのんびりお腹や背中を撫でて過ごしました。
私達も一緒に絶食して朝はウィダー・・・だけ飲みました。
気合が入っていたからか特にお腹も空かず、かえって胃腸がすっきりした感じでした。
これなら菜々にも一週間に一回絶食ができると思いました。
でもあの日の気合はもうありません。
すべては私にかかっています。うーん。

以前から菜々の空腹時間をもっとしっかり空けようと思いながら中途半端にしていました。
ちょっとだけ、が多い多い。
完全にお腹を休ませる事はとても大事。
自然治癒力を高め、内臓を若返らせるそうです。
今、夜から朝までのおやつをやめる様に努力中です。特にパパが。

菜々もしっかりシニアに仲間入りです。
からだのシミも増えました。
老犬を飼っているお友達の共通した言葉が、歳をとればとるほどかわいい。心がもっと通じ合える。見た目じゃないの。
少しだけ私もわかってきた気がします。
パピィ〜若い頃はこの可愛さのままでいてほしいと思ったりしました。
でも日々共に暮らしていく中で存在自体がどんどん愛しくなっていきました。
いろいろあったけどこれからも乗り越えていこうね。
いつもそばにいてくれてありがとう。
そんな話を菜々にしました。


ただいま菜々の後ろ頭はこんな風になっています。
抜糸は今週末です。
(クリックすると大きくなります)



久しぶりの朝散歩です。
やっぱり朝って気持ちいいね。


これからもよろしくね。

こちらこそ by菜々

posted by: kelly | 健康 | 23:58 | comments(10) | trackbacks(0) |-
内視鏡検査

菜々、無事に元気に帰ってきました。

お昼出発です。


病院でリック君にバッタリ
ママとわいわいおしゃべりして緊張がほぐれました。



預ける前に先生が間違いがないかもう一度肛門から触診、やはり同じところにかたまりがありました。
それと同時にうんちがたまっているから浣腸して出さないといけないと言われました。
さっきしたんだけど・・・すみません

夕方少し遅めに迎えに行きました。
先生は内視鏡の写真を順番に見せてくれました。
菜々の口から入れた内視鏡、食道→胃→十二指腸までとてもきれいだったそうです。

そして今度は肛門からの写真。
菜々の腸には大量のうんち(いろんな食べ物)がたまっていて取るだけで30分以上かかったそうです。
それでも取りきれず画像にはまだしっかり写っていました。
すみませーん

問題のポリープだと思われたところはポリープではありませんでした。
画像には小さくぷくっとふくれたところがはっきり写っていましたが、これは裏側(皮膚側)にあるものだそうです。
何なのかは外科手術で取り出さないとわからない。
筋肉とかだったらいいけど・・・手術は大掛かりになるので、時々先生に腸の触診をしてもらいながら様子を見る事になりました。

せっかく全麻酔をしたので去年見つけていた頭の裏の石灰化したプチできものもレーザーで切り取ってもらいました。
お口の中の歯石もきれいになりました。

晩ごはんは普通通りに食べられました。
お腹に宿便をためないように食事も見直していかなきゃ。

ポリープだと思っていたからちょっと拍子抜けの様な、完全に安心はできないけどほっとしました。
お騒がせしましたm(__)m
そしてたくさんのあたたかいエールを本当にありがとうございました。

菜々はやっぱり疲れたみたいでぐっすり寝ています。

posted by: kelly | 健康 | 22:09 | comments(14) | trackbacks(0) |-