Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
セミナー 7

昨年7月にあったセミナーでは、参加者がわんこに作る1週間分のレシピを見ながらアドバイスを頂けました。

皆さんのレシピはグラムなども細かく記入、毎回写真をきちんと撮っている方もいらっしゃいました。
私のはセミナーの直前にささ〜っと作ったものです(^^;




<メモ>
・コーギーは結石になりやすい。

・野菜が多くならないように。半分以下に。
 野菜が多いとおしっこがアルカリに傾く。

・トマト・・・なす科の野菜。関節に炎症がある子はあげない。
        ↓
      生ではあげない。加熱する。缶詰でもいい。
      できたらオリーブ油やごま油と一緒に。抗酸化物の吸収をよくする。

・動物性のタンパク質はできたら1種類の方がいい。
 例・・・わかさぎと卵 → 卵と鶏肉を一緒にする。同じにわとりだから。

・煮野菜・・・冷凍するのは出来たらやめる。
 面倒くさくてもそのつど煮るか生で。

・成犬になったら、例えば一週間〜羊肉が続いてもいい。

・白米をあげる時には、白米+豆類(納豆)
 互いに不足しているアミノ酸を補いあう。

・穀類は基本的に太る。太らせたい時にあげる。
 小麦X、パン/パスタX

・できたら圧力鍋は使わない方がいい。
消化性白血球増加症(血液検査ではわからない)
 食べ物を異物として認識して白血球が消化管に集まってくる現象。
 →消化管粘膜を攻撃するようになる。LGSの問題が出てくる。
 ペットフードを食べている個体は毎食この現象が起きている。
 必ず対処していかなければいけない。

定義
1.生の食材を与えた時には起きない。
2.加熱/加工食品を与えた時に起きる。
  特に圧力鍋で煮た物は白血球増加が激しい。→これがずっと続くとLGSの原因となる。
3.ハム・ソーセージなども同様。

対処法は下記の4番。
ドッグフードをあげる場合には、必ず市販の消化酵素を与える事。
加熱した肉を与える時も。

★手作り食で注意する事

1.野菜、果物が肉よりも多くならないこと → 結石の原因になる

2.一週間の中で肉類の種類は1〜2種類にすること。
  多ければ多いほどいいと勘違いしている方が多い。
  犬の身体に負担をかける。

3.野菜の種類も2〜3種類。

魚も2種類より1種類がいい。
朝晩肉を変えるのは、フランス料理を毎日あげているようなもの。
犬には負担になる。
朝晩一緒のものをあげる。

4.加熱・加工食品を与えるなら 5〜10分前に「生」の野菜・果物をあげておく。
                                       ↓
                           南国果物はたんぱく質分解酵素を含む


私のレシピの時にも、朝晩同じ肉、魚をあげる事と圧力鍋は出来れば使わない方がいいとアドバイスを頂きました。
先生は(総評として)一生懸命になり過ぎてたくさんの種類をあげすぎる飼い主さんが多いと仰っていました。
以前は私もなるべくたくさんの食材を菜々に食べさせていました。よかれと思って(>_<)

菜々は以前アレルギー検査をしてたくさん陽性が出ていたのであげられる肉が限られる、馬肉をあげている回数が多い事も質問しました。
馬肉ばかりをあげていると必ずアレルギーが出てくる。抗体が出来る。
アレルギー検査でひっかかっている他のものもあげていった方がいいとの事でした。
この事は私も気になっていたので鶏肉などたま〜にあげていました。
特に食物アレルギーが出る様子もないので、これからは偏らないように考えていこうと思います。

posted by: kelly | ごはん・おやつ | 23:55 | comments(4) | trackbacks(0) |-
セミナー 6

胃腸と皮膚に効果のある食材

1.スプラウト
種子の状態や成長した時よりも栄養価が高い。非常に消化しやすい。
ビタミンは発芽の過程の間に劇的に増え、新芽の時期(スプラウト)にピークになる。
発芽する時にたんぱく質はアミノ酸に、デンプンは単糖類にまで分解される。
胃腸の弱い子にはもってこいの食材。

2.ネバネバ
オクラ、山芋、めかぶ、モロヘイヤなど。
胃腸の粘膜を保護するムチンが豊富。
胃液を吐く、下痢が続く様な時は、粘膜を作り直してあげる事が大切。
粘膜そのものはだいたい2日くらいで生まれ変わる。

3.卵
ビタミンA(皮膚や粘膜を強化するのに重要なビタミン。特に卵黄に多い)や、含硫アミノ酸であるメチオニンを多く含む。皮膚に効果のある食材の代表。
また、動物性たんぱく質の中では最も消化のよい食材なので胃腸にも優しい。
        ↓
   グルタミンが豊富→腸粘膜のエネルギー源になる。加熱に弱い。
  
4.緑黄色野菜
抗酸化物が豊富なので様々な場面で活躍してくれる。
人参、ブロッコリー、かぼちゃ、ほうれん草、トマトなど。
身体を浄化してくれる。
色がきれいなものを積極的にあげる。

5、消化酵素
植物性と動物性。
すい臓などの消化器系に疾患がないなら植物性のものを選ぶ。
ドッグフードや加熱食を与えている場合、加えた方がいいサプリ。
生食を与えていても、皮膚や胃腸に問題を抱えている場合は加えた方がいい。

6.魚油(肝油)
魚油に含まれるオメガ3、脂肪酸の一種であるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、炎症を抑える働きがある。
皮膚のトラブルを抱えている場合に非常に効果がある。

2008年にカナダの研究チームが発表。
オオカミ達が秋になるとサケ、それも頭部を食べている。
頭部にはDHAやEPAが豊富→オオカミも不飽和脂肪酸を必要としている。

7.発酵食品
胃腸の弱い子には最高の食材。
特にLGS(腸管浸漏症候群)の疑いがある場合には積極的に利用する。
納豆、味噌などの大豆食品、様々な漬物などには酵素が豊富な上に、身体に有益な微生物がたくさん含まれている。
納豆には関節にいいコンドロイチンが含まれている。

身体の7割位の免疫は腸で働く。
細胞の再生能力が落ちてくるとLGSになりやすい。

8.プロバイオティックス・プレバイオティックス
★プロバイオティックス
有益な腸内細菌。
腸内環境を整えたり、消化を助けたり、有害な微生物が増殖しない様にコントロールする。

★プレバイオティックス
野菜や果物に含まれる糖質やオリゴ糖で、有益な腸内細菌のえさになり効果を発揮する。

皮膚疾患の為の抗生物質の長期投与は、腸内細菌のバランスを崩す。
その為にさらにアレルギーがひどくなる事もある。
必ずプロバイオティックス、プレバイオティックスを与えてバランスを元に戻す。


この日もムギちゃん、コトちゃんへのお食事デモがありました。

・過熱食をあげるなら生の食材の後にあげること!
・りんご・・・種は毒があるから取り除く。
       皮は活性酸素を除去してくれる。

posted by: kelly | ごはん・おやつ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
セミナー 5

ここより本村伸子先生の講義です。


皮膚の悪い子はほとんど腸が悪い。
たくさん有害物質を出さないといけない→皮膚から出そうとするから状態が悪くなる。

胃腸→まず肝臓に行く。
ウィルスや有害物質が入ると肝臓がたくさん働くことになる。
肝臓は解毒を行なう。→活性酸素を過剰に発生させる。皮膚にも影響を与える。

胃腸→腎臓
最終的には腎臓で排泄される。

胃腸→内分泌→ホルモン

腸が強いと全部を守る事ができる。
腸を治す!肝臓、皮膚だけを治してもダメ。

LGS(腸管浸漏症候群)
原因はフード。特に(最近の)小麦がよくない。
・グルテン
基本的に犬は消化できない(しにくい)。特にアイリッシュセッター。
小麦グルテン→粘性。小腸の粘膜部分をおおってしまう。
小麦、大豆、とうもろこしフリーのフードを探す。
牛の干し肉などにもけっこう使われている。

・レクチン
穀類に含まれている。
LGSになってレクチンが身体に入りやすくなって、いろいろ悪さをする様になる。


★自然治癒力の3つのバランス
・内分泌系・・・ホルモンの分泌によって特定の組織の機能に変化を与える。

・免疫系・・・外から進入してくる病原体、ウィルスや異物を捕らえて無毒化し、体外へ排泄させる。
       身体の中から排泄させるのも自然治癒力。
       免疫力はホルモンの分泌をよくして、自律神経のバランスをとらないと上がらない。

・神経系・・・自律N(N=神経)は身体を正常な状態に保つ。
          ↓
        交換N・・・緊張、興奮、高揚時に優位    日中高い状態
        副交感N・・・リラックス時に優位       夜に高い状態

室内飼い、日中であっても緊張がない子が多い。
寒さ、暑さを感じると交換Nが活性化される。
エアコンの中→交換Nが刺激を受けていない子が多い。

絶食
絶食をすると身体が緊張する。交換Nを刺激するとてもいい方法。
活性化もし、実はホルモンも刺激する。
ホルモンの中でも血糖値を調節するホルモンが刺激される。
インシュリン、上がった血糖値を下げる←このホルモンしか使わない子が多い。
本当は血糖値が下がった時に作用するホルモンは10種類位ある。
野生の状態ではあまり血糖値が上がらない。
1週間に1回でもいい。刺激を与える。

外で寒さや暑さを感じる→交換Nが刺激を受ける。大事。
副交感Nが優位な子が多い。これが続くとリンパ球の数が増える。
本来身体を守る為にあるけれど、増えすぎるとアレルギーがとても増える。
刺激のない生活をしている固体が多いから、アレルギーが起こる。

内分泌と交換Nを刺激する。
すぐ出来るのは絶食。
日光。交換Nと副交換Nのスイッチを切り替えてくれる。
  日光→ホルモンのON。活性化させてくれる。
だらだらした生活をしているとお日様をあびさせていない。
朝起きたら窓を開ける。目から刺激。
メラトニン、成長ホルモン  夜、光が目から遮断されると分泌される。

夜10時くらいに布団に入り、朝5時位に起きる。
昔から言われている健康法は、犬を病気から守る。



絶食、毎回良さを聞きながらたまにしか出来ません。
小麦と言う事でパンもあまりよくないと仰っていました。
菜々はパンが大好き、今も私が食べる時ちょびっとあげています。
なかなか変えられません(^_^;

posted by: kelly | ごはん・おやつ | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |-
セミナー 4

Eat & Heart 福岡セミナー    2010/3/14

〜愛犬の体質にあったごはんの作り方〜
                                     

手作り食にするとからだに変化が起こる。

健康上問題になりやすいのは皮膚と胃腸。
ここ10年位胃腸の問題を抱えている犬が増えている。おそらく原因はドッグフード。
皮膚の問題、かいかい。飼い主さんの性格、心の問題が原因になっている場合がある。
心の食事。

手作り食にするとどういう変化が起こるか。
メリット・・・犬をよく観察する様になる。自己責任。
どういう食事をしていったらいいかよく観察する。
ポイント・・・排泄物、皮膚の状態、顔色。
人の場合もよく食べよくトイレをしてよく笑ったか。

出す大切さ。
げりをする、出すのは逆にいい事。出せてる。浄化。
今からだの中で何が起こっているか。
もちろんプラス元気がないなどの場合は病院へ。


「手作り食」にするとどんな変化が起きるのか。
’嘶物
量→明らかに変化する。半分位になる。
色→内臓系をあげたら黒くなる。骨は白くなる。
におい→臭いにおいが変わる。

消化に要する時間は手作り食の方が短い。

⊃紊魄まなくなる。
出来るだけ生でが基本だから。食べ物から摂取する。

A蕕擦襦閉まる)
痩せたり太ったりいい方へと戻っていく。いい状態で止まる。
肥満は虐待。

ぢ僚がなくなり毛づやがよくなる。

ゥ疋奪哀奸璽匹鮨べなくなる(特に小型犬)

食に執着する様になる=食を楽しみにしている。
食は命なり!


手作り食(生食)の犬はフードを食べている犬より 血液検査の赤血球と血中尿素窒素(BUN)値が高い。
ゆっくり手作り食に移す。
(ペットの老後を健やかに!のP75)


菜々は手作り食ですがフードも食べます。喜んで。。
今年は3回セミナーに参加しました。
今日はその1回目で本村直子先生のお話の部分です。
セミナーではわんこには個体差がある、とよく言われます。
基本を押さえておけば、後はその子の体質などによって飼い主が考えた愛情たっぷりごはんが一番なのだと思います。
私ももっと楽しんで作ろう。


パソコンの調子が悪くなってお店に修理に出したら余計おかしくなり、今日パソコンに詳しいパパさんに直してもらいました。
現在時刻が2013年、ワードエクセルなども使えず、ウィルスのセキュリティも消えていました。恐っ!
いつもありがとうございます。


食は生きがいなり

posted by: kelly | ごはん・おやつ | 22:58 | comments(4) | trackbacks(0) |-
セミナー 3

第2部 「手作りごはん」をはじめよう (手作り食の基本)   本村伸子先生

.手作りごはんの基本

1.食品の割合
動物性食品と植物性食品の割合 = 犬6:4 猫7:3
                        (量るのではなく見た目)

2.動物性食品(肉類、内臓類、卵、乳製品、魚類を含む)
生が理想。
加熱する事で消化率が低下。
栄養素の欠乏。特にビタミンB群の損失、アミノ酸の変性が生じる。タウリンの欠乏。
雑菌が心配な場合は、酢+塩で殺菌

3.植物性食品
様々なものを与える。例として
豆類   大豆・・・タンパク質と脂質、小豆、エンドウ豆・・・糖質が豊富
緑黄色野菜   かぼちゃ、人参、ほうれん草、ブロッコリー、トマト
スプラウト類   ブロッコリー、アルファルファ、大豆、貝割れ、そば、ピーナッツ、赤かぶ
根菜類   大根、カブ・・・消化酵素が豊富  ごぼう・・・食物繊維が豊富
きのこ類  椎茸、舞茸、エリンギ・・・免疫増強、食物繊維が豊富
海藻類   昆布、わかめ、ひじき・・・キレート化されたミネラルが豊富
果物   パイン、メロン、キウイ、パパイヤなどはタンパク質分解酵素が豊富

4.穀類は不必要
穀類(白米、玄米、パン、スパゲッティなど)は犬や猫にとっては消化が困難
与える時は消化しやすいように工夫する
(以前のセミナーで10%以下と聞きました)

5.与えてはいけない食材
ネギ類(玉ねぎ、にら、長ねぎなど)
チョコレート
レーズン、ぶどう


.手作りごはんとフードの併用

*トッピングする場合*
1.野菜類
野菜には未知の栄養素がたくさん含まれている。
人参1本だけでも何百と言うフードに入っていない栄養素がある。
フードに元々ないものを混ぜてあげる。緑黄色野菜を利用しよう。
消化が悪いので細かくするか加熱。
トマトは加熱。ナス科は必ず加熱する。

スプラウト・・・火を使う必要はない。栄養価が高い(何回か使える)
        
きゅうり・・・旬のものがいい。
       夏の間のきゅうりの方がいい。農薬を使う必要がない。
       夏野菜、お水をたくさん含んでいる。排泄。胃腸が弱い子にいい。

大根・・・フードを食べている犬は消化能力が弱いので入れてあげるといい。
     生だと嫌がる場合もあるけれど工夫して。

⊂嘆修鯊イ洪材
フードには酵素が含まれないので酵素を豊富に含む食材を利用する。
野菜: 新芽類・大根・かぶなど
発酵食品: 納豆・味噌など
果物:パパイヤ・キウイ・パイン、マンゴー、イチジク、メロンなど


*トッピングできない食材*
々鯲
ペットフード、特にドッグフードには十分な量の穀類(米、小麦、とうもろこし、オートミールなど)が入っている。
穀類を加えると糖質が過剰になってしまい、肥満や猫では糖尿病の原因になる。

肉類
肉類はそれだけでバランスの良いたんぱく質を含むので、フードに加えるとせっかくのバランスを崩す場合がある。
別にして与える方が効果的。

カルシウム剤
サプリメントの中で最も頻繁に用いられる。
(理由はいまひとつ覚えていません)


その子に合わせて。
一回であげてもいい。肉食動物は決まりがない。

★フード(加工品)を食べると白血球が腸に集まる←食べ物を異物として捉える。
加熱食でも同じ事が起こっている。
白血球が腸管に集まると他の臓器や組織の防御がおろそかになる。毎回、ずっと続くと問題。
食事の前に生の食材を食べてからだとこの状態が起こらない(最初に食べた食材に反応するから)
5分〜10分前に生の食材(デモでは野菜)をあげる。


食事のデモンストレーションでは先生方の愛犬、ラブラドールのムギちゃん、コトちゃんのわくわくそわそわして待つ姿が可愛いかったぁ。
でも食べる姿は豪快、骨付き肉も入ったお皿をあっと言う間に完食しました。

食事を作りながらのお話し。
水菜・・・アレルギーにいい。
スプラウトはきちっと洗った方がいい。
ブロッコリー・・・抗癌作用。胃腸にいい。
シメジ(きのこ類)・・・火を通しても生でもどちらでもいい。
卵・・・本当は鶏肉と一緒にやるといい。同じ鶏だから。
ささみばかりはダメ。脂肪を取ってしまうと犬の免疫力が落ちてしまう。

 

posted by: kelly | ごはん・おやつ | 18:20 | comments(2) | trackbacks(0) |-
魚のあら
お友達から新鮮な魚のあらをもらいました。
圧力鍋で柔らかくすると聞いて・・・
はっ!うちも圧力鍋買ってたんだ。
まだごはんと豆類にしか使ってなかったので(^m^;
さっそくトライしてみました。

結果、ほんとに骨までとろとろ。
こんなに簡単だったなんて〜


2袋目には鮭もたっぷり入っていました。


お母さん、ごはんのバリエーションが広がったね


今日も待ち遠しいなぁ


でも食べた後にじゅうたんに顔をすりすりするのはやめてね。
魚臭いよー!
posted by: kelly | ごはん・おやつ | 23:58 | comments(2) | - |-
寒天とプレゼント
菜々へたくさんのお祝いのお言葉やプレゼントをありがとうございました。
山形生まれで九州育ち、縁あってこんな遠くまで来てくれた菜々に、縁を結んで下さった方に感謝です。



昨日は久しぶりに粉寒天を使ったおやつを作りました。
溶かした寒天にゴートミルクとすりおろした人参を入れる。
これだけ〜てれちゃう
けっこう人気がありました。



いただいたリサガスの食器台。かわいいね。


ネーム入りのウォッシュタオルは母のもありました。
これまたかわいいの。


さっそく使わせてもらいま〜す♪
posted by: kelly | ごはん・おやつ | 23:55 | comments(4) | - |-
豚肉
我が家の料理によく登場する豚肉、最近はスーパーなどでも鹿児島産の黒豚などいろいろな産地の安全で美味しいお肉が売られています。

最近はまっているのが「もち豚」
臭みがなくて美味しいの。
お店のお肉コーナーが特売日にまとめて買っています。
つい買いすぎたりして(^^ゞ

菜々のごはんにも登場します。
しゃぶしゃぶ、しょうが焼きと大きさや厚みは違うけどみんな小さくカットして火を通し(ゆで)ます。
ビタミンBも豊富、疲労回復にもいいね。

菜々ごはんは見た目は・・・何でも食べる子でよかった(^m^)



ちょうど月1回宅配をお願いしている那須高原のスノハウスさんから新鮮なお野菜と一緒に生のブルーベリーが届いたので入れました。
いつもありがとうございます。




鹿児島のごんママからいただいて冷凍して残しておいた豚のなんこつをオーブンで焼きました。
菜々はずっと足元で寝ながら待っていました。
コラーゲンたっぷり。

明日はお肌ぷりっぷりよ by菜々

posted by: kelly | ごはん・おやつ | 23:49 | comments(10) | - |-
ステ〜キな日
近所のスーパーがリニューアルオープンをしたので行ってきました。
オープン特価に目がくらみ逆に予算オーバー。
中でも頑張ったのが国産牛のステーキ3枚2,400円!
試食もしっかりして美味しかったのでたまにはいいよねと買いました。
2枚でも売ってたけど、ちらっと菜々の顔が浮かんだので・・・(^^ゞ



ちょうどストックの煮野菜も作りました。


ジュージュー焼くお肉のにおいにいつも以上に気合が入る菜々。

待ちますっ!


ほんとは表面だけ焼くつもりが中まで火が通っちゃいました。
ヨーグルトもかけちゃおか。

菜々、できたよー。
菜々は走って食事の場所に行ってくるくる回っていました。
かなり美味しそうにガツガツ食べていました。
いつもですが(^m^)


一年に多分一度か二度しかないスペシャルディナーでした。
posted by: kelly | ごはん・おやつ | 23:06 | comments(6) | - |-
今日のおやつ
まぐろを焼きました。

大根も好物です。


いい子にしてますよ

posted by: kelly | ごはん・おやつ | 23:58 | comments(6) | - |-